JavaScript対応ブラウザで表示してください。
↑↑↑まずは画面右上のボックスより、最寄りの支店をお選びください。↑↑↑

特徴

  1. リーズナブルな日本向け別送品船便サービスです。ご帰国時または一時帰国時にご利用いただけます。
  2. お届けまでの日数は、東海岸側から約50〜60日、西海岸側から約6〜8週間です。
    *目安の日数です。荷物到着港の混雑状況、冬季の悪天候等により遅延が発生する場合がございます。

お申し込み方法

<< 集荷ご希望、または、当社へ直接お持ち込み頂く場合 >>
  1. Eメールによるお申し込み
    フォームダウンロードページより 申込書をダウンロードし、必要事項をご入力の上、Eメールにてお申し込み下さい。
  2. お電話によるお申し込み
  3. FAXによるお申し込み
<< 取次店ご利用の場合 >>
取次店で、必要書類を入手して頂くか、フォームダウンロードページより申込書を印刷し、 必要事項をご記入の上、取次店へお荷物と書類をお持ち込み下さい。
※ お荷物お持ち込みの際は、事前に定休日等のご確認をして頂く事をお勧め致します。
  取次店の情報は、取次店インフォメーションをご覧下さい。
※ モントリオール支店では、集荷サービスおよび、取次店サービスは行っておりません。
  支店へのお持ち込みのみとなりますのでご了承ください。

その他ご注意点

  1. シーパックは別送品のみの受け付けとなります。荷受人様ご本人が日本到着後、空港税関にて別送申告を行い、 空港ロビーの別送品受付カウンターに別送品申告書を提出する必要があります。
  2. シーパックのご利用にあたっては、下記のシーパックご利用方法 をご覧下さい。
  3. 日本側着地配達作業内容は、配達先1ヶ所のみで玄関渡しの取り扱いです。開梱や廃材引取りは致しません。
  4. 日本側配達日及び時間は、指定できません。又、土、日、祭日の配達はできませんのでご了承下さい。
  5. 沖縄および離島への配達は、追加料金が別途発生致します。
  6. 日本の関税、消費税等の公租公課、法律の要請による検査料が発生した場合は別途請求となります。

シーパックご利用方法

日本通運は皆様の大切なお荷物、思い出の品を安全に、そしてすばやく日本のご自宅まで送らせて頂きます。
お荷物のご準備にあたり、お預かりから配達までスムーズにお取り扱いするために、下記の点にご留意下さい。
お荷物のご準備
  1. お客様によるお荷物の梱包
    1箱30kgまでです。詳しくは お客様による梱包方法 をご参照下さい。
    ※ 梱包の際にはこちらの、輸入規制品について を必ずご確認下さい。
  2. 申込書(オーダーシート)の記入
    お荷物をお預かりする上で、必要な情報を記入して頂きます。詳しくは こちら の記入例をご参照下さい。
  3. 輸入者確認票の記入
    日本でのお荷物の輸入通関取り扱いにあたり、設問に対するご回答をお願いいたします。
  4. 集荷、または、お持ち込みによるお荷物の引渡し
    集荷をご利用の場合、日通がお荷物を引き取りに伺います。
    お持ち込みの場合は、お荷物と書類を取次店、もしくは、当社までお持ち下さい。
日本ご入国時
お預かりした荷物は、お客様の別送品(お客様本人がご本人宛てに送る荷物)として日本で輸入手続が行われます。
日本での輸入に際しては、原則として関税、消費税が掛かりますが、次のように身の回り品や、お土産など個人的使用に供すると認められるものは、この税金が免除されます。
 @既に使用したもの
 A新品のもので、携帯品免税基準の範囲内の物
 ※但し、個人的な事情に照らし、通常、かつ相応と認められない品物は、課税される場合もあります。
 ※原則として、入国後6ヶ月以内に輸入する物に限り免税されます。
 ※外国人の方は日本で1年以上の滞在資格が必要です。
この免税手続きの為に、別送品申告書の記入作成が必要となります。
  1. 別送品申告書の作成
    1. お帰りの機内で、客室乗務員より「携帯品・別送品申告書」を2通入手し、必要事項をご記入下さい。
       ※別送品申告書は、事前に 税関のウェブサイト より入手する事も可能です。
    2. 別送品の欄に、航空便と船便の荷物の合計個数を記入します。数回に分けて送った場合は、合計の個数をご記入下さい。
    3. お酒、たばこ、香水を携帯される際は、B面の表に全て書き出して下さい。
    4. 「携帯品・別送品申告書」は同じ内容で2枚作成してください。
    「携帯品・別送品申告書」記入例はこちら
  2. 到着空港でスタンプ(税関印)の入手
    1. 入国検査を受けたあと手荷物検査を受けます。
    2. 「携帯品・別送品申告書」2通を手荷物検査カウンターにて税関審査員に提出します。
    3. 審査員が内容をチェックした上で、1通は税関の控えとし、もう1通は押印の上、お客様に返却されます。 スタンプがあることを確認した上でお受け取り下さい。
     ※ 成田空港には、入国審査の際、「自動化ゲート」が設置されておりますが、
       この「自動化ゲート」はご利用されず、必ず有人の窓口をご利用頂きますよう
       お願い致します。
  3. 別送品受付カウンターでの別送品申告書とパスポートのご提示
    当社では迅速にお荷物の通関準備をさせて頂くために、各国際空港で申告書とパスポートコピーをお預り致します。 主要国際空港内別送品受付カウンター案内ご参照下さい。
    1. 各空港に設置されている日通カウンター/別送品申告書等受付カウンターにお立ち寄り下さい。
    2. 税関より押印を受けた別送品申告書とパスポートをご提示下さい。
    3. 受付カウンターでは、別送品申告書をお預かりすると共に、ご本人様のパスポートコピーを取らせて頂きます。また、代理通関手続き依頼のご記入をして頂きます。